切手買取の相場はどのくらいか?

買取相場は種類と希少性変わる

切手の買取相場はその切手の品質や保存状態よりも希少性や種類などでかなり大きく変わってきます。記念切手や通常切手の中で現在流通していない物が必ずしも高くなるわけではありません。切手そのもの発行枚数が少なかったり、年数がかなり経過していて現存する商品が少ない場合に高額査定がされます。
その場合には額面の数倍から数百倍になることもあるため、レア価値の高い切手は今日でも高額商品として収集愛好家の中では人気があります。レア価値のある切手とそうでないものの値段の開きはかなり大きくなっており、価値が高くないものは額面より割り引いた価格で引き取られる場合がほとんどです。しかしながら捨てるよりはかなり有効な活用方法です。

通常切手が高額査定されるケースとは

切手の相場価格は特にレア価値のない商品ならば殆どが同じような価格ですが、ケースによっては通常の相場価格より高くなる例があります。
それは1シートすべてそろっていたり、記念切手が切り離されていない状態で売却される例です。このようなケースでは手垢などがついていなくて綺麗な状態で保管されている場合に限り額面通りの価格あるいは、そこから多少割り引いた価格で買い取ってもらえます。切手の買取相場はその販売店の独断によって決めているところも多いので、一つの買取店の査定結果を鵜呑みにするのではなく、高く売るのならばいろいろな切手の買取店に行って満足の行く値段になるまで査定を繰り返すことも大事です。通常切手でも高くなる例はあるのです。